平和祈念公園リーフレット



 平和祈念公園は本島南部の「沖縄戦終焉の地」糸満市摩文仁の丘陵を南に望み、南東側に美しい海岸線を眺望できる台地にあります。

 公園整備は琉球政府時代に着手、復帰後昭和47年から都市公園として本格的な整備をすすめています。

 公園内には沖縄戦の記録写真や遺品などを展示した平和祈念資料館、沖縄戦で亡くなられたすべての人々の氏名を刻んだ「平和の礎」、戦没者の鎮魂と永遠の平和を祈り続ける「平和祈念像」、そして国立沖縄戦戦没者墓苑をはじめ各県の慰霊塔などが建立されています。開園以来、国内外の観光客をはじめ、慰霊団、修学旅行生等が多く来園する聖地であり、観光の要所であります。

 また、休日には多くの家族連れがくりだし、広い芝生で球技を楽しんだり、ピクニックやレクリエーションの場として多くの県民に利用されています。
 これら、増加する公園利用者の多様なニーズに対応した施設内容の一層の充実を図るとともに、世界の恒久平和を祈念し、平和の情報発信の機能を併せ持つ公園として整備を進めています。