バンナ公園概要
 バンナ公園は、市街地からわずか4kmの近距離にある自然環境豊かな広域公園です。

 山の地形を生かした広場や森林散策路などでは、亜熱帯性気候を感じさせる多くの珍しい動植物が観察でき、バードウォッチングをはじめ、森林浴や、自然学習など自然とのふれあいの場を提供しています。

 園内は5つのゾーンで構成され、総合案内の《バンナ森といこいの広場》、展望台の《バンナスカイライン》セイシカの橋の《森林散策広場》、自然体験や環境学習の《自然観察広場》、遊具やピクニックなど野外活動の《ふれあい子供広場》などで施設が整備されています。





★ 公 園 の 名 称 → バ ン ナ 公 園
★ 公 園 の 位 置 → 石 垣 市 登 野 城
★ 公 園 の 種 類 → 広 域 公 園
★ 公 園 の 規 模 → 292.1ha
★ 供 用 の 面 積 → 31.06ha
★ 公 園 の 管 理 → 沖 縄 県

主な経緯
昭 和 52 年 3 月  バンナ公園基本計画策定
昭 和 53 年 7 月  都 市 計 画 決 定(275.0ha)
昭 和 53 年 9 月  都 市 計 画 事 業 認 可(275.0ha)
昭 和 55 年 3 月  バンナ公園基本設計
昭 和 57 年11 月  バンナスカイライン供用開始
昭 和 60 年10 月  聖紫花の橋完成
昭 和 63 年12 月  都 市 計 画 決 定(変更)(292.1ha)
平 成 1 年 2 月  都 市 計 画 事 業 認 可(変更)(292.1ha)
平 成 9 年 7 月  ふれあい子供広場(Eゾーン)一部供用開始
平 成 12 年 4 月  ふれあい子供広場(Eゾーン)全面供用開始
平 成 12 年 6 月  Bゾーン 渡り鳥観測所供用開始
平 成 13 年 7 月  自然観察広場(Dゾーン)供用開始
平 成 15 年 3 月  基幹園路一部供用開始